中小企業診断士の平均年収・給料~お金持ちになれる?

MENU

中小企業診断士の平均年収・給料~お金持ちになれる?

将来の職業を決める重要ポイントである年収、月収、ボーナスについて、社会人から人気のある中小企業診断士は高収入が可能?気になる方もいるのではないでしょうか。お金持ちになりたい!そんな学生、フリーター、会社員の方は、今後のキャリアプランの参考としてご覧下さいね!

 

中小企業診断士資格が人気の理由

 

企業内メリット

 

  • 資格取得で得た知識を現在の実務に活かす
  • 現在の職業でのキャリアアップ
  • 管理職を目指す人には有利な知識を習得

 

現代の仕事では課題を解決するコンサルティング能力が重要になってきており、経営全体を幅広く診断し解決策を立案できる中小企業診断士の活躍の場面が広がっています。

 

例えば、営業コンサルティング営業により顧客の課題を解決、顧客や競合を分析しマーケティング戦略を策定、経営スタッフなら企業内外の状況を分析し企業戦略を策定、IT部は経営戦略を左右するIT戦略を策定し実行するなどあらゆる場面で能力を発揮することができます。

 

様々な課題を解決するコンサルティング能力は、幅広い仕事において活躍できる場面がありますので、企業内で優位にキャリアアップできる資格としてビジネスマンから注目されています。

 

経営コンサルタントとして活躍

 

  • 独立コンサルタント
  • コンサルティング会社に所属
  • 独立起業・新規事業開発

 

中小企業主体の経営コンサルタントとして独立開業をするのが一般的ですが、自治体や公共団体の中小企業支援部門、または民間のコンサルティング会社に勤務する道もあります。また、ビジネス関係の学校や企業研修、セミナーといった場所で講師をつとめる人もいます。

 

診断士資格は経営全般の知識が身につくため、キャリアプランが自在、今後、自分が進むべき道が見えてきます。

 

中小企業診断士の年収は高い?

 

企業平均年収は500万円~

 

企業規模比率から見る年収は会社の規模により格差があり、大企業では平均580万円、中企業は480万円、小企業は435万円となっています。また役職により年収・給与・ボーナスは異なり、部長クラスになれば平均780万円程度の収入が見込まれています。さらに東京や大阪、愛知など主要都市においては、比較的、平均より高い年収となっています。

 

独立すれば年収1000万以上も可能

 

コンサルタント業務で独立起業することで、若いうちからの年収1000万円超えも夢ではありません。そのためには自分でちゃんとクライアントを獲得し、軌道に乗せる必要があります。成功すれば雇われて働くよりも断然、年収がUPする可能性が高くなります。

 

中小企業診断士資格を活かし、独立して高収入を稼いでお金持ちになれるかどうかは、自身の力量により左右されることを念頭に置く必要があるようです。下手すれば収入0円となることもあり得ることから、安定した収入が得られる企業で働くか検討することも大切ですが、診断士に挑戦して新たな人生の第一歩を踏み出す価値は大きいと考えられます。

 

そこで様々な活躍の場から想定すると、中小企業診断士の平均年収は約700〜800万円程度としており、一般サラリーマンの平均年収を大幅に上回ることができます。しかし資格を取ったからといってすぐに稼げるというわけではありません。それでも経営に携わることが出来る能力があれば、給料、年収がアップしていく可能性は高く、高収入を得るチャンスが確実にあることが言えます。

 

診断士の将来性

 

  • 日本の会社のおよそ99%が中小企業
  • 景気のよしあしに関係なく、常にコンサルティングのニーズは高い
  • 将来性については見通しがある資格

 

需要の高い資格としているもの、試験合格したばかりでは実績もなく、すぐに評価されることもありません。そのため企業内でのスキルアップやコンサルティング会社に勤務して、経験を積んでから開業を目指すのが、安定した方法と考えられます。

 

収入も実績を積み重ねていくうえでUPすることができ、流通や金融、店舗経営など、なにかひとつでも得意とする専門分野を持っていると、独立する際の強みとなり成功につなげることができます。


中小企業診断士の平均年収・給料~お金持ちになれる?関連ページ

中小企業診断士の独学合格は無理?