中小企業診断士の独学合格は無理?

MENU

中小企業診断士の独学合格は無理?

独学で中小企業診断士合格を目指す受験生は必見となっていますよ!ここでは試験突破のポイントから注意点をまとめていますので、参考としてご覧下さいね!また資格予備校や通信学校の利用で迷われている方も、今後の試験対策の指針として役立てて下さいね!

 

合格までの学習期間

 

  • 一般的には1,000~1,200時間前後の勉強が必要
  • 1年以内の合格者が約27%
  • 2~3年の学習期間の合格者が40%超
  • 長期の学習計画的が必要な試験

 

1年以内での短期合格を目指す場合、1週間当たり20時間程度の学習時間の確保が必要な計算となり、日々の相当の時間(毎日2~3時間程度)を学習に費やすことになります。また、診断士試験は、他の資格に比べて試験範囲(分野)が広範囲に及び、学習の仕方によってはさらに時間がかかってしまうこともあります。※LEC見解

 

独学による中小企業診断士試験対策のメリット、デメリット

 

  • 専門予備校を利用するよりも安価
  • 自分のペースで勉強できる

 

診断士の受験資格は特にありませんので、誰でも挑戦することができ、試験傾向を抑えた対策で、効率的、効果学習を実践すれば独学合格も可能な試験と言えるようです。そして独学の最大のメリットは、テキストや参考書のみで、費用を安く抑えた試験対策があげられます。

 

しかしそれは合格した場合のことであり、不合格の際、次回からはスクールへ通うことになったり、学習ポイントが絞れず教材の数が膨大になったりと、最終的に割高となることも予想されます。そして独学は時間的制約が無いため、学習が長期化すればモチベーションの維持も難しくなり、学習初心者には特に厳しい状況が待ち構えていることが予想されます。

 

独学で診断士合格を目指すポイント!

 

  • 科目合格の有効期限3年間を上手く活用
  • 無理のない計画スケジュールをたてる
  • 過去問を分析!似たテーマや出題形式を学習
  • できるだけ多くの問題を解いて充分に訓練する

 

全科目通算で6割以上 かつ 4割未満の点数の科目がないことが1次試験合格の条件なので、全ての科目に全力投球する必要はありません。得意な科目で高得点をとり、苦手な科目は50点取れるだけの勉強時間を確保することで、短期間学習で合格できる実力を身につけることが期待できます。

 

また科目合格の有効期限を利用、最初に得意科目を試験突破し、その後、苦手科目に集中して合格を目指す!またその逆のパターンなど長期計画を立て、実践していくことで仕事しながら両立して試験勉強することができます。

 

そして2次試験はマークシートの1次試験と異なり記述形式となっており、知識は定着しているもの対応できないという方は少なくないようです。そのため普段から「ビジネス書」とか「経済新聞」とかであらゆる事例を頭の中にインプットする訓練が必要としています。

 

中小企業診断士は独学でも合格することは可能ですが、科目数が多く、初学者にとってはどこから始めれば良いのかわからないという方がほとんどです。そこで専門予備校等では、イベントや学習相談、セミナーなど無料で行っていますので、入会有無に関わらず積極的に足を運ぶことで、最新の試験傾向や為になる情報など収集することができますのでおススメです。

 

専門予備校で診断士試験対策のメリット

 

  • これまでの実績、経験による合格ノウハウがある
  • 学習状況や目的に応じたコース、講座をラインナップ
  • ニーズに応えた受講スタイルを用意
  • 短期間学習で合格力を身につける戦略カリキュラム
  • モチベーション維持できるサポート、フォロー制度

 

中小企業診断士学校(通信講座)は、独学と比べれば高額な費用がかかるのがデメリットになりますが、それ以上のメリットが多々あります。どの予備校にしても過去問を分析、的を絞った必要最小限のカリキュラムは、受験までの時間に限りがある受験生にとっては最大の魅力となるはずです。

 

診断士学校での試験対策は、費用以上に効率的な学習効果として成果があげられ、早く合格することで、その後のキャリアアップ、就転職、独立など優位に進めることができるとしています。


中小企業診断士の独学合格は無理?関連ページ

中小企業診断士の平均年収・給料~お金持ちになれる?